入金消し込みのリスクと非効率を改善するにはシステムを導入しよう

情報化社会の中で働く

PCを操作するレディ

勤怠管理システムの現状

ありとあらゆるものが情報化されている現代ですが、そのなかでもまだマニュアル対応されているものがあります。それは、アルバイトなどにおける勤怠管理です。時間のごまかしが起こるがゆえに、システムを導入できずに、アナログのタイムカードを導入している会社は多いと聞きます。アナログのタイムカードは、出勤、退勤の時間が正確に分かるために、時給で給与を支払う場合にはかなり有用です。しかしながら、そのタイムカードの集計を、人の手で行われているところが多い場合はいかがでしょうか。その集計にももちろん人件費がかかります。ごまかされることによる人件費を削減しようとしておきながら、集計に人件費をかけているのはいささかもったいないのではないでしょうか。

導入する際に気を付けるべきこと

そこで、思い切って、勤怠管理のシステムを導入すると、集計の人件費はかかりません。しかしながら、システムであるがゆえにやはり導入にはハードルが少なくともあります。勤怠管理システムを導入する際には、必ず個人個人にIDを振り分ける必要があり、そのIDの管理が別の仕事として発生するからです。また、利用者への周知徹底と、利用方法のアナウンスにも人件費がかかります。しかしながら、一度導入して、定着してしまえば長い目でみるとコストをペイできる算段です。定着するまでには少し時間がかかりますが、それは何も勤怠管理システムに限ったことではありません。一度しっかりと就業教育を行い、OJTにてきちんと指導を行えば、費用対効果が十分見込めるものとなるでしょう。勤怠管理システム以外にも企業で利用することが出来る便利なシステムは多いもので、その中の一つにスケジュール共有が挙げられます。パソコン上でスケジュールを管理することが出来る他にも、従業員の業務を把握することも可能となっているので大変便利となっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加